広告
  サイト内検索:
<Let's create a game!> Introduction of programming for absolute beginners English

SESSION 9 その13
反復型の制御文

今まで見てきたif文やswitch文は
選択型の制御文だ。

これから見ていく
for文、while文は反復型

制御文だよ。

順次、選択、反復の
「反復」だね。

 
 
 
Javaの制御文(反復)


反復の処理の流れ
条件式が
true
だったら
ブロックの処理を
繰り返し実行するよ。
 
便利
そうだね。
この反復型は、
条件を満たしている間
同じ処理を繰り返す。


例えば、
カウントが10になるまで
繰り返せ、って感じ。
 
そっか。
同じような処理を何度も
実行する時に便利なんだ

でも、同じような処理って
どんなのがあるの?


そうだな。

例えば、ゲームなら
画面内にいる敵全員に
攻撃魔法
とかね。

敵一人ひとりに
同じ攻撃処理を繰り返すだろ。
魔法使いね。
ぽんちょ
かっこいいー!!

かっこよすぎるー!
きゃあー!
すごーい!!!

やったあ、ぽんちょ
大活躍だー!
 
for文の使用例(ゲーム処理)


でもね、
ぽんちょは
お花屋さんだよ。
えっ、
魔法使い
じゃねーの?

あのかっこ。



反復の制御文の特徴

for文 指定した回数、処理を繰り返す制御文。

ループ毎に条件式をチェックして、指定回数
になるまで処理を繰り返す。
while文 if文のような条件式を使える反復の制御文。

ループ毎に条件式をチェックしてtrueの間
ずっと処理を繰り返す。

   
 
反復の制御文には
for文とwhile文の2つがある


それぞれ用途に応じて
使い分けよう。

まずはfor文を詳しく見ていこう。
 

はいっ


 
 
広告
home もくじ 前のページを読む 次のページを読む
  サイト内検索:
広告