広告
  サイト内検索:
<Let's create a game!> Introduction of programming for absolute beginners English

SESSION 5 プログラムの基本
開発環境を整えよう(NetBeans IDE)


おーっす。


今日も
よろしくお願いしますっ!



やった!
やった!
やった!


今回から、
いよいよプログラミングだね!
ちょっと待った!

まず、プログラミングを始める前に
IDE(統合開発環境)の設定をしよう。

使いやすいように変えとかないとな。

早速、NetBeans(ネットビーンズ)を
起動してみよう。

デスクトップのアイコンをダブルクリックしてくれ。


はいっ。
ダブルクリックして・・・と。

き、起動したよ!

これが統合開発環境
なんだ・・・。
なんかいろいろあるね。
これがIDE(統合開発環境)の概要だ。

よく使うものをあげておいたから
名称を覚えておいてくれ。

ウィンドウは、タブの部分をドラッグすれば
好きな位置に変更できるよ。

もし、間違えてウィンドウを閉じちゃったら
メニュー>ウィンドウで再表示しよう。
ドキドキ

ネットビーンズIDE(Net Beans IDE)の概要

※この画面はプロジェクトを作成した後の画面です。
初期画面では「エディター」には「開始ページ」が表示されています。



名称 説明
メニュー ネットビーンズのほぼ全ての機能にアクセスできる。
上部ボタンにある機能も含まれている。
エディター プログラムコードを書く領域。初期状態では「開始ページ」が表示されている。
プロジェクト
ウィンドウ
プロジェクト構成をパッケージの視点で表示する。
ファイル
ウィンドウ
プロジェクト構成をフォルダ、ファイルの視点で表示する。
出力
ウィンドウ
標準出力を表示するウィンドウ。
デバッグボタン メニュー>デバッグ>主プロジェクトをデバッグ のショートカットボタン。
各ボタンは、メニューの中でよく使う機能をショートカット化したもの。

※ダウンロードしたNetBeansのバージョンが違っていても大差ありません。


※これからの解説に出てきますので名称を覚えておいて下さい。


次にIDEに
Javadocの設定をしよう。

JavadocはIDEといっしょに
ダウンロードしたよな?

Javadocとは、JavaのAPI解説書だ。
これをIDE(統合開発環境)に
設定することで、開発中にすぐに
APIを調べることができるように
なるんだ。
日本語版を使えば日本語で調べられる
ようになるよ。

えーと、ファイル
どこに置いたっけ・・・。


正確に言うと
JavaDocは
ドキュメントの形式なんだけどね。

JavaDoc日本語版(zip)は、Javaのバージョンアップの時期などにより
ダウンロードできない場合があります。

その場合は、「Javadoc設定方法2」を実行してください。
インターネットを使ってオンラインで情報を取得するようになります。
(NetBeans7.0以降が必要です。)
 

Javadoc設定方法
1、メニュー>ツール>Java プラットフォーム を選ぶ。
2、「JavaDoc」タブを選ぶ。
3、ボタンを押してJavadocファイル(zipファイル)を指定する。
Javadoc設定方法
 
 
Javadoc設定方法2(ZIPファイルがダウンロードできない場合)
※NetBeans7.0以降がインストールされている必要があります。
1、メニュー>ツール>Java プラットフォーム を選ぶ。
2、「JavaDoc」タブを選ぶ。
3、「削除」ボタンを押して、既に入っているURLを削除する。
4、「URLを追加」ボタンを押す。
Javadoc設定方法2-1
5、「URLを追加」ウィンドウに以下のアドレスを入力する。
 (利用しているJavaによって以下のURLを選んで下さい。)
Java API オンラインドキュメント 日本語版
Java6(JDK6)
の場合
http://docs.oracle.com/javase/jp/6/api/
Java7(JDK7)
の場合
http://docs.oracle.com/javase/jp/7/api/
Java8(JDK8)
の場合
http://docs.oracle.com/javase/jp/7/api/
※Java8(JDK8)のAPIドキュメントは現在日本語版がありません。(2014/3/19現在)
変わりにJava7の日本語版を使用します。
本セッションでは主に基本的な機能を使用するのでそれで問題ありません。
 
6、「URLを追加」ボタンを押す。
Javadoc設定方法2-2

それからIDEの使い勝手も良くしておこう。

エディターの文字の大きさとか
自分の使いやすいようにしといたほうが
開発が楽だ。

エディターってのは文章を書く機能。
ワープロ機能だな。

とりあえずは最低限の操作性な。
おまえなあ。
すぐ忘れんのなー

zipファイルのやつ
だよ。
ごめんー。
どっかに置いてあるよ。

えっと、
どこだっけ・・・。
 
エディタのフォントサイズ設定方法
1、メニュー>ツール>オプション を選ぶ。
2、「フォントと色」を押す。
3、「構文」タブを選んで、カテゴリ「デフォルト」を選択。フォントボタンを押してフォントサイズを変更する。
NetBeans IDEのフォントの変更方法
 

今はこんなもんで十分だろう。

ここら辺にエディターの設定は
集まっている。
変更できる項目が多いから
少しづつ勉強をして自分好みに
変えていってくれ。

はーい・・・。

当たり前だ。

さすがに
お前もそこまで、たりーんじゃないだろ。
あ・・・。

zipって、
ウィルスかと思って
消しちゃったやつだ・・・。

 
 
広告
home もくじ 前のセッションを読む 次のページを読む
  サイト内検索:
広告